ハイルナーの株日記

株式投資、NISA、株主優待、配当、貸株金利など、資産運用の記録。たまに読書や映画、ランニングなどの日記も。

9月29日の日本市場 あ~これが逆日歩なのか... つなぎ売り、あんなに楽しみにしてたのに

 

 

■9月29日の日本市場

日経平均:終値 20,356.28 (-6.83)
     高値 20,370.33 安値 20,285.06
TOPIX:1,674.75 (-1.42)
JASDAQ平均:3,593.10 (+15.99) ※年初来高値
マザーズ指数:1,093.10 (+13.98) ※3日続伸
東証一部売買代金 概算:2兆9,564億円
NT倍率:12.15
東証一部:値上がり 847銘柄 / 値下がり 1,067銘柄 / 変わらず 115銘柄

 

本日の日本市場の背景について、以下に記載いたします。 

≪背景≫

米国市場(9月28日) 

  • NYダウ :22,381.20 (+40.49) ※続伸
  • 戻り待ちの売りで上値重いが、押し目を拾う動きが出て底堅い。
  • 米4-6月期GDP(国内総生産)確報値は、季節調整済みの年率換算で前期比3.1%増。(市場予想平均:同3.0%増)予想を上回るも、市場の反応は限定的。
  • 税制改革案がこのまま成立するか疑問視する向きもあり、上値重い。
  • マクドナルドが割安感、格付けの引き上げで上昇。ダウ平均を23ドル押し上げた。

日本市場

  • 外為市場で円安が一服。自動車・機械株などに利益確定売り。
  • 日経平均は、朝方の円安一服を受けて利益確定売りが先行。後場は日銀のETF(上場投資信託)買い観測で下げ渋り、一旦上げに転じるも上値は重く、結局、小幅反落。
  • 週末、月末、9月期末要因。日経平均構成銘柄の銘柄入れ替えもあり、東証一部売買代金 概算は、2兆9,564億円と膨らんだが上値は重たかった。

 

 ■来週の主な予定

  • 10月2日(月):【日】日銀短観(日銀企業短期経済観測調査 (9月調査))
              新車登録台数(9月)
           【米】米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数
  • 10月3日(火):【日】消費者態度指数(9月)
  • 10月4日(水):【米】新車販売台数(9月)、ADP雇用統計(9月)、ISM非製造業景況感指数
  • 10月5日(木):【米】イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長が講演(04:15)、貿易収支、製造業新規受注額
  • 10月6日(金):【日】毎月勤労統計(8月)、景気動向指数(8月)
           【米】卸売売上高(8月)、消費者信用残高(8月)、雇用統計(9月)

 

 ■所感・その他

本日の私の保有銘柄は可もなく不可もなく、上がったり下がったりという感じでした。来週、来月、今年残り3か月がどうなるか。フィスコの記事で小池百合子氏がアベノミクスへのリスクになりえると(衆院選の小池新党・消費増税の凍結など)の記載がありましたが、どうなるんでしょう。

--

Twitter

Twitterをようやく始めることができました。なんて情報量なんだ。。良い面もあれば悪い面もありますね。

--

つなぎ売り 逆日歩

つなぎ売りで逆日歩をくらってしまって、9月のつなぎ売りは優待の価値とコストで考えると3,500円くらい損してしまいました。。。馬鹿でした。ネットで日証金のホームページとか「証金残」をチェックするとか読んでいましたが、怠けてましてしてませんでした~。いけませんね。。

いい勉強になりました。手数料については、今回しっかりと把握したので、信用取引についてちゃんと勉強します。一般信用の短期売りとか。

別の証券会社の口座開設も考えてもいいかもしれません。お金が限られるので分売や、つなぎ売り専用にはなるんでしょうが。これは面倒そうなのでやらないと思います。

 

今回のコストで譲渡益税が10月2日付で還付されるようですし、良しとします。

10月、11月は優待銘柄が少ないので、次のチャンスは12月ですかね。一番いいのは割安で優待銘柄を買って配当、優待、売買益を貰うことなので、チャンスがあれば良いのですが。

--

反省

以前も書いたのですが、最近、惰性での取り引きになっているのが反省です。今回のつなぎ売りも。

新しい知識も少しずつでも良いので身に付けないといけないです。上記の『来週の主な予定』の各項目がどういったもので、どこにどう影響してくるのかとか。株式投資を始めた頃の危機感、緊張感が薄れすぎている。勉強します。

 

 

 ■本日の画像

 イエレンFRB議長。良く描けたほうかな。。

f:id:melancholy198x:20170929215409j:plain

 

 

※株の売買は自己責任です。

 株の売買については、いかなる責任も負いかねますことをご留意ください。